昭和26年12月鷲野こう吉(「こう」は金へんに賢)が近畿日本鉄道株式会社向けに
蛍光灯用小型トランスを製造し、納入開始。社名を近畿電機株式会社として設立。
昭和29年08月鷲野一男社長に就任。
昭和33年01月プラスチック成形加工業務開始。
昭和36年11月資本金2,200千円を3,000千円に増資。
昭和40年12月愛知県江南市に江南工場を新設。
昭和44年07月電力会社向けに製品を納入開始。
昭和45年10月資本金3,000千円を6,000千円に増資。
昭和47年2月資本金6,000千円を12,000千円に増資。
昭和47年8月愛知県刈谷市に刈谷工場新設
(近畿化工株式会社とする)。
昭和49年2月資本金12,000千円を24,000千円に増資。
昭和53年8月広島市南区に広島工場を新設。
昭和57年6月鷲野一男会長に就任 鷲野賢一社長に就任。
昭和60年10月近畿電材株式会社設立。
昭和61年8月福岡市中央区に九州営業所を開設。
昭和61年10月江南工場に電気実験棟を新設。
昭和63年10月福岡県大刀洗町に九州工場を新設。
平成7年6月本社、新社屋完成。
平成12年7月東京都渋谷区に東京支店を開設。
平成14年10月本社および江南工場においてISO9001認証取得。
平成15年7月九州営業所を九州工場内に移転。
平成17年5月本社および江南工場においてISO14001認証取得。
平成18年6月東京支店を東京都中央区に移転。
平成21年8月東京支店を東京都港区に移転。
平成27年5月近畿化工株式会社を吸収し、近畿電機株式会社刈谷工場とする。
平成29年3月広島工場を広島市佐伯区に移転。
平成31年1月東京支店を東京都品川区に移転。